TOP 鰐陵とは 会則役員 挨 拶 総 会 行 事 会 報 会員便り 情 報 お役立ちリンク 事務局

東京鰐陵会とは

東京鰐陵会は関東圏に仕事、住居を構えている宮城県石巻高等学校(旧制石巻中学校)の卒業生の集まりです

 

 

 東京鰐陵会の歩み

1959年(昭和34年)「東京鰐陵会」創立。

1958年(昭和33年)に発生した母校の火災のため、「鰐陵同窓会本部」から資金募集の協力要請があったことが本会創立の動機である。

やっと「戦後が終わった」と言われた当時、東京だけでなく石巻地区を除いては、ほとんどの地域に同窓会組織はなく、「鰐陵同窓会本部」としては、東京在住の名前の知れた人として、扇谷正造氏(3回生)、生江義男氏(7回生)その他の方々を頼って東京地区の同窓生の取りまとめを依頼してきたものである。この要請に応じるため、にわかに同窓会東京支部を結成することとなり、扇谷氏と生江氏が中心となって、有力先輩に呼びかけて本会結成への賛意を得て動き出したのである。

会則の制定から始まり、役員候補の選定、同窓会会員名簿の作成、創立総会の準備等々、発足まで大変な忙しさであったようである。

幸い、桐朋学園には、生江義男氏を中心として鰐陵生7人が奉職していたこともあって、本会の「事務局」も桐朋学園内に設置されました。

幾多の困難を乗り越えて昭和34年に「東京鰐陵会」が産声をあげ、初代会長に富沢豁氏(1回生)、副会長には山田明氏(2回生)と扇谷正造氏(3回生)、事務局長に生江義男氏(7回生)の体制でスタートし、生江事務局長が2代目会長に就任する昭和62年までの28年間スタート時の体制が続いた。

東京鰐陵会にあっては桐朋学園とのかかわりは大変深いものであったようです。会発展のために初代会長富沢豁氏(1回生)、第2代会長生江義男氏(7回生)が中心となって四半世紀以上もかけて築きあげてきた先輩がたの功績には目を見張るものがありました。

東京鰐陵会も回を重ね、第3代会長高橋良氏(17回生)第4代菅野七三郎氏(21回生)、第5代渡邊邦夫氏(24回生)と、旧制(石巻中学)の偉大なる先輩諸氏が『東京鰐陵会」をまとめあげ、会の発展に心血を注がれてきた。

また会報「東京鰐陵」第1号が平成3年に創刊されてから11号を数え、鰐陵会会員間の情報発信・交換の大役を担っています、また平成20年4月開設のホームページと合わせてこれからも情報の発信と交換に大きな力が期待できます。

平成17(2005)年11月の総会で第6代会長に木村莞爾氏(29回生)が指名され、初の新制高校卒会長が誕生した。先人が築いてきた会の歴史・伝統を絶やすことなく、新しい仲間を巻き込みながら次世代に引き継いで行くべき会の運営に鋭意努力している。同窓会は隔年ごとの総会と、会報の発行等をもって会員相互の情報交換を図っていきたい、と考えている。

平成21年3月には学校改革による男女共学生の第一期女子卒業生が誕生し、東京鰐陵会にも新メンバーが加わり将来の鰐陵会発展のためにも大いに活動していただける事を願うものです。第20回東京鰐陵会総会にも女子会員の参加を迎えました。

平成23(2011)年3月11日午後2時46分東日本大震災が故郷石巻地方を襲い、未曾有の大災害に見舞われました。歴史上かつて経験の無いマグニチュード9.0という大地震により、巨大津波が石巻・東松島・女川はじめ太平洋沿岸の町や村を襲い破壊し、家族・親戚・友人等々と多くの人が犠牲になりました。東京鰐陵会としても震災後即座に母校在校生支援のための義援金募金活動を行い,多くの同窓会仲間からの暖かい支援金を頂きました。募金した金額の内経費を差し引いた570万円(総額601万7千円)を義援金として寄贈しました。

平成25(2013)年11月第22回総会で第7代会長に木村貴則氏(33回生)が指名され、平成時代にふさわしい鰐陵精神をもとに会の伝統・歴史を損なうことなく、新しい同窓会づくりへのかじ取り役にスタート切った。隔年ごとに開いてきた総会を毎年開催に変更、さらなる会員相互の交流と融和をはかり会発展のための方向転換に舵を切り替えました。

会報「東京鰐陵」も隔年ごとに発行してきましたが会報No.12号(平成26年)発行から毎年発行することになり、No.13号(平成27年)、No.14号(平成28年)と3年連続発行を続けてきております。会発展のためにも歴史的記録として後世に受け継がれて行くものと確信して止まないものです。

                                                                h28・10・1

 

                  

東京鰐陵会の 年表もご覧になれます!